一期は夢よただ狂え

イッキの手記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
本当にお久しぶりです・・・。
本当にお久しぶりでございます。
もう読んでる方はいらっしゃらないかと思いますが
僕、ブログ引っ越して
また不定期に何か書いていこうと思ってます。。。
新しいのはコチラです↓
http://ameblo.jp/ikki-namekuji/
どうぞ宜しくお願いいたします。
2016年1月
イッキ
20:39 | - | comments(1) | -
K先輩、覚えてますか?

K先輩、覚えてますか?
あれは10年ほど前のことでしたか?
僕が失恋をして落ち込んでるところ
「何を落ち込んでるんだ!女の1人や2人!
次だ、次!女は星の数ほどいるんだ!」
と居酒屋で慰めてくれたことを・・・。
お蔭様で僕は立ち直り
数ヵ月後には新しい恋人ができました。
あれから10年。
何度かの出会いと別れがありました。
別れの度、先輩の居酒屋での言葉を思い出します。
だけど先輩・・・先輩は


その間、ずっと1人ぼっちでしたね。


今は僕も分かっています。
女は星の数ほどいないこと。

イッキ



 
15:48 | - | comments(0) | -
思い出。

最近、物忘れが激しくなり
困ることが多いんですが
この季節になると必ず思い出す
ある出来事があるんです。
あれは何年前の事だったか
ちょっと覚えてないんですが
その出来事によって
僕の人生は大きく変わったんです。



あれ、何の話でしたっけ???


ホント、物忘れが多くて困ります。

イッキ
 
21:32 | - | comments(0) | -
お気に入り。

最近のお気に入りの番組。
BS朝日の「ザ・インタビュー」という番組。
この番組はそれぞれの分野のトップランナーに
稀代の聞き手たちがインタビューするもの。
組み合わせによって、もの凄く面白い時がある。
最近の一番は、前衛芸術家の草間彌生さんと
スポーツジャーナリスト松岡修造さんの回。
アート系の極と体育会系の極。
これが面白かった!
話は一向に噛み合わないんです。
でも、嫌な噛み合わなさじゃないんです。
とても清清しい噛み合わなさ。

例えば

草間「(草間さんの絵を指し)この絵を見て何を感じますか?」
松岡「え〜?う〜んと・・・。一見世界地図のようにも見えますが、明るいですよね・・・。でも、そうやって理解しようとしてはいけないんですよね。感じないと・・・。先生、この絵は何を表現しようとしたんですか?」
草間「知りません。
松岡「・・・。」

とか

松岡「先生、一度僕を叱ってください!」
草間「???

とか

とにかく、面白いんです!
松岡さんの直球加減も爽やかだし。
草間さんの飛び越えた感じも可愛いし。

そんな素敵な瞬間に出会える「ザ・インタビュー」
お勧めです!

イッキ
17:21 | - | comments(0) | -
文明。

文明が発達し便利な世の中になりました。
例えば舞台やライブの案内。
昔はDMをせっせと郵便で送ってましたが
今ではメールが主流。
手間が簡略化し、郵便代が浮きます。
しかし、
その文明が牙を剥き襲い掛かってくるときもあります。

あれは何年前の話だったか・・・。
近くある舞台の案内のメールを多数送っていました。
当然「観に行けない」という断りのメールもある。
そんな時、相手を気遣い
「了解〜♪いいよいいよ〜。」
と負担にならないように返信していました。
その日は本番も近く脳みそも疲れていたんですかね・・・。
メールの内容もしっかり把握しないまま
多数来ていた断りのメールにまとめて返信していた時のこと。
ある違和感に襲われたんです。
あれ?
なんだか嫌だな〜。怖いな怖いな〜。
来ていたメールをもう一度読み直したところ。
断りのメールに混じり
ある方の訃報を知らせるメールが混じっている。
送信履歴をあわてて開くと案の定

「了解〜♪」

と不届きにも軽い返信をしている!
慌てました。
早速、メールの送り主にお詫びと事情をメールし
事の成り行きを了解してもらいました。

文明は思わぬところで牙を剥きます。

イッキ


 
11:06 | - | comments(0) | -
ギャンブル。


賭けをしたんです。

去年。

なめくじファミリーの

亀岡孝洋(カムカムミニキーナ)と

アフロ後藤(昭和芸能舎)と

僕、三人で。

誰が年内中に彼女できるかと。

ちゃんと賞品も出すということで。

去年はドローでした。

最終的に誰も彼女できず

痛み分け。

なので、今年も継続しています。

誰が一番最初に年内に彼女できるか。

でも

なんとなく・・・





今年もドロー



な気がしてます。

まだ、5月ですが


年の半分にもなってませんが

そんな気がします。

僕の中の

リトルイッキがそう言ってます。

でも、

負けられない戦いがそこにあります。

イッキ

 
20:00 | - | comments(0) | -
パラダイス。


あれは何年前のことでしょうか?

僕が25、6歳の頃でしょうか?

僕が台本を書き、プロデュースした芝居があったんです。

男ばっかり7人集めて。

なんか当時、男ばかりで芝居やりたかったんですね。

「女なんかいらねえ」なんて格好つけてたんでしょうね。

それに、男ばかりだと気も使わずに良いかななんて思ってたんでしょうね。

でも、芝居って

1ヶ月とか稽古するじゃないですか

本番近くなると連日稽古になるじゃないですか

すると

だんだん文句が出だしたんですね

「なぜ、女の子がいないんだ。」

「華がないと稽古に力が入らない。」

「なんなら稽古場に来る気も失せる。」

もっともな意見です。

僕もそうでした。

「なんで女の子を出さなかったんだろう。」

と後悔さえしてました。

しかし、1人だけ文句を一切言わない先輩の役者さんがいたんです。

打ち上げの時、理由が分かりました。



その方、性別の向こう側のお方だったんです・・・



打ち上げは俄然盛り上がりました。

「俺たちが苦しい思いしている時、お前だけパラダイスだったのか!」



そして、こんな質問も出ました。

「ぶっちゃけ、この中で誰かタイプはいたのか?」



みんな、固唾を呑んで答えを待ちました。

すると




「この中にはタイプはいない!」



との事。



別にみんな興味ないし

どうでもいいんだけど

でも、なんか

なんか

少し傷つきました。

男はどんなときでもモテたいんです。

イッキ




 
22:02 | - | comments(0) | -
テニス部、その後。


昨日の続きです。

さて、無事テニス部に入部し

ゆる〜い上下関係の

ぬるま湯に浸かり

それなりな高校生活を送っていた僕ですが

1年生のころは

テニス部全体が、一応部活動として機能していたんです。

3年生はそれなりに怖かったし

毎日、練習もしていました。


これは以前、ここに書いたことがあるかもしれませんが・・・

1年生の夏休み

テニス部の合宿がありました。

僕の高校は、運動部が全般的に盛んで

学校の敷地内に合宿場があったんです。

我々、テニス部も合宿をしました。

3年生にとっては

最後の夏の大会に向けての合宿です。

でも、僕ら1年生はお泊り会気分。

練習もそれなりに

みっちりとやりますが

夜はOBの先輩方が遊びに来て

僕らを車で遊びに連れて行ってくれるんです。

2年の先輩も含め、僕らは夜の繁華街に遊びに行きます。

でも、田舎なんで行くとしてもボーリング場や

山の中に肝試し。

そんな楽しい合宿の最終日に

大会は組み込まれていました。

当日はあいにくの雨模様。

顧問の先生が

「今日の大会は中止だ。」

と言って。

我々テニス部は

学食で遅めの朝食をとっていたんです。

違和感あったんですよね・・・

野球だったら、コレぐらいの雨なら試合するだろうと思いました。

でも、テニスコートは少しでも雨降ったら、

試合すると良くないのかな〜

ホラ、テニスコートって固くて、かっちりしてるじゃないですか?

そんな感じで僕は思っていたんです。

そしたら、顧問の先生が突然学食に飛び込んできて

「大会やってる!」

と言うんです。

慌てました。

僕ら、食べてるものも全て食べず

急いで試合会場に向かったんです。

しかし、僕らの学校は山の中腹。

最寄の駅まで自転車で20分。

バスで12,3分。

だけどバスはなかなか来ない。

最寄の駅についても、そこから大会会場まで電車に揺られる。

息を切らしながら、我々テニス部が会場に着いた頃には

1回戦、全て終了していました。





3年生の最後の夏は1回戦不戦敗!


 
流した汗が

思わぬ形で裏切られる

そういうこともあるのだなぁ〜

と思った高1の夏でした。

いまでは良い思い出です。

イッキ


 
19:34 | - | comments(0) | -
ひさしぶりぶりのブログ

いや〜

もう何ヶ月ぶりのブログ更新でしょうか・・・

年内初です。。。

すいません。。。

さて、5月2日3日と

恵比寿にあるエンタメバー「スターズ」で

「なめくじ劇場LIVE meets スターズ」

というミニライブをしました。

たくさんのご来場誠にありがとうございます。

30分ほどのショートコメディでしたが

盛り上がりました!

感謝です。


さて、ライブが終わると日常が待っています。

そして明日は

去年、事務所で発足した野球部の練習。

野球の練習は疲れるけど、本当に楽しい。

やっぱ野球はいいな〜と思うのです。

僕は小学生のころから野球少年。

将来はプロ野球選手を目指していました。

ですが、野球は中学までで断念。

高校では野球部に入らずテニス部に入りました。

なぜなら

モテたかったから!

今でこそ「坊主頭も何だかお洒落〜♪」

ですが、当時はチェッカーズやら吉川晃司やら光GENJIやら

髪の毛を前髪だけ異様に長くしたり、刈り上げたり、前髪だけブリーチしたり

髪型を自由に遊んでいる人々が女子にキャーキャー言われていたのです。

中学生の僕は

坊主頭の前髪を右半分ムリヤリ上げて、左半分ムリヤリ下ろして

なんてことをしてました。

だから髪の毛を伸ばして遊ばせたかった。

そして、もうひとつ。

うちの高校は野球部が強く、

入学する直前の春の選抜で甲子園に出場していたんです。

だから野球部の先輩は

その当時の強豪校はどこもそうでしょうが

ムチャクチャ怖い!

入学した僕は

坊主頭で先輩にしごかれ、女子とデートもできず

野球部のキツイ練習に耐えてズングリムックリな体型になるより

サラサラヘヤーでテニスコートで汗を流し

女子にキャーキャー言われたい!

と強く思ったのです。

そして3年生になる頃には

テニスもムチャクチャ上達し

身長もムチャクチャ伸び

「エースをねらえ」の宗方コーチのように

ジャージの襟を立てながら

さわやかに髪をなびかせ、目をキラキラさせ

試合に勝ち進み、涼しげに優勝とかしちゃって

女子にキャーキャー言われたい!

と強く思ったのです。

予想通り、テニス部は上下関係も緩く

練習もきつくなかったのですが

その結果

テニスの腕も上達せず

試合も勝ち進めず



三年間彼女もできませんでした!


今は野球をやっとけば良かったと思っています。

体型は見事に野球部体型になっていたし・・・。

だから、野球の練習は燃えるんです。

取り戻したいものが、そこにあるから。

イッキ


 
20:38 | - | comments(4) | -
また、やりたいな。。。

先日は寺山修司誕生日記念企画

「寺山さん、お誕生日おめでとうございます。」

にたくさんのお運び、誠にありがとうございます。

いや〜楽しかった。。。

舞台にいるのも忘れ爆笑してました。

萩原さん、偏陸さん、山田さん、ありがとうございます。

そして沖縄から観に来て頂いた

「北方領土に泳いで渡った男」

網走五郎さん、飛び入りで参加していただきありがとうございます!

昭和さんも昔の仲間と一緒で嬉しかったのか

序盤から飛ばす飛ばす。

客席、大爆笑してました。

昭和さんが時々見せる、こういうキュートな一面

僕大好きです。

しかし、本当に色々な話が聞けて嬉しかった。

寺山さんののぞきの話から、天井桟敷と唐さんの状況劇場との乱闘話、それから発炎筒の話。

昭和さん「あの当時、みんな発炎筒を携帯してたよね?」

一同「そんなことない(笑)」

いや〜本当に素敵な時間でした。

まだまだ色々聞きたいこともありましたが

それは次回のお楽しみ。

今度は網走さんの北方領土話聞きたいな。

また、こんな企画ぜひやりたいな。

イッキ
17:49 | - | comments(1) | -

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--